最新情報

多世代交流イベント「つなぐマルシェ」奈良県三宅町にて2月20日初開催 ~シェアリング活用推進事業による地域活性化対策~

地域の顔見知り同士でモノ・予定・送迎託児をシェアするプラットフォーム「子育てシェア」を活用し、街ごとの共助コミュニティ形成に取り組む株式会社AsMama(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:甲田恵子、以下AsMama)は、協定締結をしている奈良県磯城郡三宅町(町長:森田浩司、以下三宅町)にて、地方創生事業の一環として2021年2月20日(土)に「つなぐマルシェ」を以下のとおり、初開催します

■「つなぐマルシェ」開催概要 ※取材可(要事前連絡)

日時:2021年2月20日(土)、午前の部11:00~12:30/午後の部13:30~15:00
会場:あざさ苑 集団指導室(奈良県磯城郡三宅町伴堂848-1)
入場:入退場自由、入場無料(ブース物販・ワークショップは有料)
Webサイト:http://asmama.jp/fair/2021/0220tsunagaru.html

テーマ:三宅のくらしを「もっとたのしく」「もっと豊かに」SHARE!でつながるたのしい1日

ブース:野菜・ハンドメイド作品販売(みやけまちづくりの会)/あざさグッズ・クッキー等販売(愛の花 あざさの会)/さをり織商品等販売(ひまわりの家)/焼き芋・お菓子・雑貨等販売(特定非営利活動法人芽ばえの会 どっとゆう)/ロコモコ丼・明太子クリームうどん販売(キッチンカーえん屋)ほか

キッズ向けコンテンツ:
・ワークショップ「手形アートでカレンダー作り」
・不思議の国のアリスフォトブース
・子どもゲームコーナー(ボーリング、輪投げ等)

  

【背景】
本取り組みは、三宅町が採択された、総務省「シェアリングエコノミー活用推進事業」をプロポーザルによって当社が受託し、2020年9月1日に締結された協定に基づいて推進しております。官民連携によって少子高齢化等の地域課題解決と地域経済活性化の両立を目的として、担い手人材の育成や活躍支援、それに伴う住人交流の促進、及び共助ICTアプリの活用促進を行っており、現時点(2021年1月末付)のコミュニティは当初予定を上回る速度で醸成されております。

・三宅町内の担い手人材の数:14人
・交流イベント実施回数及び参加者組数(累計):7回 80組(約200人)
・子育てシェアアプリ登録世帯数(ID数):127人

「つなぐマルシェ」では、おすそわけやおさがり、「ちょっと困った」に対する手伝いの募集、子どもの送迎・託児などを、近所の知り合い同士で頼り合える三宅町アプリ(登録・手数料無料)の紹介、活用相談も実施します。

地域の担い手が主体的に取り組む地域創生事業の現場をご取材希望のメディア関係者の方は是非、当社までご連絡ください。

 

多世代交流イベント「つなぐマルシェ」奈良県三宅町にて2月20日初開催~シェアリング活用推進事業による地域活性化対策~


◆◆◆ 本件に関する取材の申し込み・お問い合わせ ◆◆◆

Email:info@asmama.co.jp/ TEL:045-263-6433/ FAX:045-330-5604
株式会社 AsMama 広報担当:渋口由紀