最新情報

静岡経済同友会主催のアクセラレータ「テイクオフ静岡」実証イベント3/14(日)初開催! ~シェアリングエコノミー活用による静岡創生~

地域の顔見知り同士でモノ・予定・送迎託児をシェアするプラットフォーム「子育てシェア」を活用し、街ごとの共助コミュニティ形成に取り組む株式会社AsMama(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:甲田恵子、以下AsMama)は、静岡経済同友会主催『静岡創生アクセラレータ「テイクオフ静岡」』第一期採択事業者として、2021年3月14日(日)=ODENにて地方創生プロトタイプ(プレ実証)イベント「Shizuoka Share Spot」を以下のとおり初開催します。

 

■つながり・はぐくむ「Shizuoka Share Spot」開催概要 ※取材可(要事前連絡)

日時:2021年3月14日(日)11:00~14:00(予定)
会場:静鉄のコワーキングスペース/シェアオフィス「=ODEN」(所在地:静岡県静岡市葵区鷹匠2-8-10 https://oden.shizutetsu.net/

入場:入退場自由、入場無料(一部のブース物販、ワークショップは有料)
Webサイト: https://kosodate-share.asmama.jp/events/12065

・ブース設置の4つのコンセプト:
1.シェアマルシェ 2.シェアキッチン 3.であいと学びのシェアタイム 4.子育てシェア体験

・ブース出展企業、団体(五十音順):
株式会社AsMama、静岡鉄道株式会社、株式会社ストラウト、日本電気株式会社(NEC)、他

 

■ 各企業、団体による企画  (※現時点での予定であり、企画内容は変更となる可能性があります。)

・株式会社AsMama

『静岡みんなでつながっちゃおう!シェアから生まれる可能性を体験』
顔見知り同士の関係がつながる、広がることにより新たなビジネスや、生活や子育てをシェアする地域コミュニティの創生、活用について紹介

・静岡鉄道株式会社

『交流と新規ビジネスの創出を目指す静岡・鷹匠の新拠点=ODEN』
「オープンイノベーション型」のコワーキングスペース・シェアオフィス=ODENの活用や静鉄沿線での活性化の取り組みについて紹介

・日本電気株式会社(NEC)

『~笑顔でコロナに打ち勝とう!~4年連続世界No,1の顔認証技術を応用した“笑顔採点ゲーム”』
カメラに映る笑顔を0~100点で“笑顔度”を測定する「笑顔パワーゲーム」。100点目指してスコアを競おう!

・株式会社ストラウト

『静岡「養鱒」のニューウェーブ!ニジマスについて触れ、学ぶ』
静岡での「養鱒」の取組みについて紹介。「利き酒」ならぬ「利き鮭」体験として、養鱒の食べ比べも!

・静岡エスアカデミア・スポーツクラブ

『スポーツをもっと身近に!ベビー&キッズバスケ体験』
ミニゴールに向かってSHOOT!ダンクシュートも出来るかも!?通常よりも低いバスケットゴールに遊びながらシュートをうってみよう!!

・静岡クラフトビアマップ

『クラフトビール体験企画!もっとビールを好きになろう♪』
静岡県全域にローカルで楽しめるクラフトビールが増え続けています。今回特別に無料試飲にてご提供!
ぜひビールが苦手な人も、味わってみては⁉ ※試飲は無くなり次第終了です。

 

■ 本実証の目的

2020年12月、静岡経済同友会が主催、地方創生イノベータープラットフォーム「INSPIRE」が総監修を務め地域活性化を加速させる事業成長支援プログラム『静岡創生アクセラレータ「テイクオフ静岡」』の第一期採択事業者にAsMamaが決定。協力パートナー20団体で構成されるビジネスメンターとプロジェクトチームを組成し、月2回程度のパワーミーティングを通じて、静岡中部地域での新規事業アイデアのブラッシュアップに取り組んでいます。2021年3月20日(土)には、静岡経済同友会会員企業との成果発表会を開催し、各採択団体と経済同友会会員企業のマッチングを通じた新規事業の実施を目指します。

▶静岡創生アクセラレータ「テイクオフ静岡」サイト https://www.takeoff-shizuoka.com/
▶静岡経済同友会 静岡協議会プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000066310.html

地域の担い手たちが主体的に取り組む地方創生事業の現場をご取材希望のメディア関係者の方は是非、当社までご連絡ください。

 

release20210308静岡創生アクセラレータ「テイクオフ静岡」実証イベント0314初開催


◆◆◆ 本件に関する取材の申し込み・お問い合わせ ◆◆◆

Email:info@asmama.co.jp/ TEL:045-263-6433/ FAX:045-330-5604
株式会社 AsMama 広報担当:渋口由紀