最新情報

第2回 日本サービス大賞「優秀賞」を受賞しました

子供の送迎や託児を顔見知り同士で共助する仕組み「子育てシェア」を運営する株式会社AsMama(本社:神奈川県横浜市)代表取締役 甲田恵子は、この度、公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会(SPRING)が主催する「第2回 日本サービス大賞」において、「優秀賞」を受賞致しました。


【優秀賞:受賞サービス名】
世界初、顔見知りによる頼り合い子育て支援プラットフォーム「子育てシェア」

【選考理由】
安心できる顔見知り同士で、共通の謝礼ルールのもと気軽に頼り合える子育て支援プラットフォーム「子育てシェア」を運営。
利用者には子育てしながら働きやすい環境づくりに貢献し、担い手には社会参画の機会を創出。システム運営費は協働企業のマーケティング費用により捻出し、利用者負担を軽減。
5万人が会員登録し、累計1万5千件以上の課題解決実績があり、再利用意向は90%を超えている。子育て支援の選択肢を増やし、女性活躍推進に寄与するサービスである。

※「日本サービス大賞」サイトより引用。詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://service-award.jp/result_detail02/spring06.html#ttllink


《日本サービス大賞について》
日本サービス大賞は、国内の全てのサービス提供事業者を対象に、多種多様なサービスを共通の尺度で評価し、“きらり”と光る優れたサービスを表彰する制度です。
サービス産業は、日本のGDPと雇用の約7割を占め、今後の日本経済の成長の鍵となる重要な産業です。本制度は、こうした重要な役割を担うサービス産業に関わる企業に、ぜひ真似をしていただきたい自社の付加価値を向上することのできる優れたサービスを表彰するものです。

第2回目となる今回は、全国から約400件の応募が寄せられ、主催者であるサービス産業生産性協議会(SPRING)に設置される委員会による厳正な審査を経て、1件の内閣総理大臣賞、1件の経済産業大臣賞、関係大臣賞をはじめとする合計18件の各賞の受賞者を決定しました。

※経済産業省発表より引用。詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://www.meti.go.jp/press/2018/06/20180628005/20180628005.html

今回の受賞を受け、地域が抱える様々な課題解決の促進に向けて、より一層のサービス向上に努めて参ります。

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社AsMama 広報担当:井上まき

E-mail:info@asmama.co.jp