最新情報

総務省「ICT地域活性化大賞2017」 大賞 総務大臣賞を受賞!!

子供の送迎や託児を顔見知り同士で共助する仕組み「子育てシェア」を運営する株式会社AsMama(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:甲田恵子、以下、「当社」)は、2017年10月に総務省が募集した、ICT(情報通信技術)を活用して、地方が抱える様々な課題を解決し、自律的な創意・工夫に基づくICT利活用を行っている地方公共団体、地域団体、民間企業等を表彰する「ICT地域活性化大賞2017」にて大賞(総務大臣賞)を受賞しました。

《「ICT地域活性化大賞」概要》
地域が抱える様々な課題(人口減少、少子高齢化、地域経済の衰退、医師不足、災害対応等)を解決し、地域活性化に資するため、それぞれの地域において自律的な創意・工夫に基づいて、ICT(情報通信技術)を活用した様々な優れた取組がなされています。
これらの取組の中で、特に、全国的な横展開が見込まれる事例、分野横断的な事例、地域間の広域連携が見込まれる事例を広く募集し、表彰が行われました。
※総務省発表より引用。詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000157.html

《表彰内容》 ICTを活用した市民協働で多様な子育てニーズと地域人材活用を両立
【株式会社AsMama(本社:神奈川県横浜市)】〈奈良県生駒市、秋田県湯沢市 他〉

本表彰を受賞した事例については、今後、総務省のサポートの元、様々な施策を通じて当該事例の全国各地域への横展開・普及が図られることになっております。
今回の受賞を受け、地域が抱える様々な課題を解決するためのICTを活用した「21世紀の共助」の構築に向けて、より一層邁進して参ります。

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社AsMama 広報担当:井上

E-mail:info@asmama.co.jp

本リリースのPDF(日本語)AsMama、総務省「ICT地域活性化大賞2017」大賞/総務大臣賞を受賞!!