最新情報

AsMama「子育てシェア」の場でも、知育アプリの利用機会が拡大

株式会社スマートエデュケーション(以下、SE社)と、子育てシェアを展開する株式会社AsMamaは、乳幼児・児童の保護者に対し、“子育てシーンでのスマホ活用”を、協業で提案することになりました。
これは、「子ども達のいきる力を育てたい/子ども達の未来に可能性と豊かさをもたらせたい」という両社の想いが同じベクトルにある点と、両社の利用者が同じ層(主として乳幼児・児童のママ、且つスマホユーザー)であり、両社とも更に認知を高めたいという考えが合致したことによります。
SE社は、SE社知育アプリ内でAsMamaキャラのオリジナル作品を制作するなどして、AsMamaの認知向上やスマホからのサービス利用誘導を図ります。AsMamaは、自社メンバー(ママサポーター)に対し、SE社知育アプリ「こどもモード」の優位点や、適切な活用方法をレクチャーし、認知向上と“子育てシェア・託児時”の利用機会の拡大を図ります。
SE社では、昨年11月に『乳幼児の適切なスマートデバイス利用に関する「5つのポイント」』を発表し、「スマホと子守り」問題が大きくクローズアップされましたが、今後両社では、啓発イベントや広報活動などを通じ、「子育てシーンでスマホを適切に活用したライフスタイル」を提案して参ります。

<子育てシェア>と<知育アプリ>の協業開始 AsMama「子育てシェア」の場でも、知育アプリの利用機会が拡大