ママサポーターとは

AsMama認定・地域子育てのお世話役。AsMama独自の研修プログラムを受講した頼れる存在として、あなたの住む地域の親子を支援します。AsMama認定・地域子育てのサポーター。
独自の研修受講後、生活や子育てを支援する人や企業を「伝え」、子育て世帯と「つなぎ」、地域で「頼られる」存在です。
※活動支援として給与や報酬支給あり。ボランティアとしての参加も歓迎です

頼れる仲間にたくさん出会える!

伝える活動

自分が住む地域やイベント開催地などで、AsMamaが用意するチラシやご自身のブログやフェイスブックなどを活用して、バラエティにあふれた AsMamaの地域交流イベントのお知らせと共に、子育てシェアのことやママサポーターである自分自身の紹介を行う活動です。地域の頼られ役になるためには、先ずは自分の事やAsMamaのことを知ってもらうことが大切です。

目標は友だち100人以上

つながる活動

頼るにも頼られるにも、子育てシェア内で知人や友人とつながっている状態をつくる必要があります。そのため、ママサポーターは、『伝える活動』やAsMama主催イベント、ママサポーター 自身が企画・開催する地域交流会や託児体験機会を通じて、参加者同士が仲良くなり子育てシェアでつながりあうお手伝いをしたり、自分自身ともつながっておくよう促していきます。

顔見知り同志で安心のお預かり

頼られる活動

「つたえる活動」「つなげる・つながる活動」を通じてAsMamaから給与を得ながら地域の頼られ役として自分自身のネットワークが広がります。つながりのある人から、子育てシェアで送迎や託児の依頼を受ければ、感謝の思いと共に「ありがとう」の対価として謝金を得ることもできます。また、生活や子育てに役立つ情報や、子育てシェアの活用方法などについての伝道師としても頼られる存在になります。